2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 両刃(超硬付叩き両刃) | トップページ | 6号再生臼に蕎麦の供給装置 »

2009-05-08

6号の再々生

すりあわせを何度も試みたが・・

山型の臼(富士山型)のため 調整に時間がかかり

精度もでにくく 何時まで経っても 良い粉が出来ない

今回 思い切って すり合わせ面を 削りなおした

0505_015

山型にせず 平面とする。

最終的に テストすると

0505_013

向かって 右半面には 黒い強めに当たるところも

出ているが 再度 削った

一度 粉を作ってみた。

250gのヌキミを 漏斗で供給

約8分で投入できたので 時間1.9kg弱となる。

0505_016

20メッシュ上   5%

20-30       20%

30-50       27%

50下        48%

どうにか 蕎麦に出来そうな 粉が出来た。

直径33cmぐらの臼なので 内部に40gぐらいの

実や粉が残る様だ。

0505_018

0505_017

まだ 強めに当たるところや当たりが弱い処が

有るように見えます。

周辺をドレッシング(両刃で傷つける)する等

これから これから・・・・

« 両刃(超硬付叩き両刃) | トップページ | 6号再生臼に蕎麦の供給装置 »

石臼6号」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/29503692

この記事へのトラックバック一覧です: 6号の再々生:

« 両刃(超硬付叩き両刃) | トップページ | 6号再生臼に蕎麦の供給装置 »