2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 6号の再々生 | トップページ | 蕎麦の実自動供給装置 »

2009-05-20

6号再生臼に蕎麦の供給装置

前回 漏斗での投入で 時間2kgぐらい挽けることが判った

今回は 蕎麦の実供給装置が 大幅にグレードアップした

モーターの回転数を 可変抵抗だけで制御していたが

某石臼の達人が 新しい方式の 蕎麦の実供給装置を

開発されたので 今までの装置 モーター

電圧を連続可変できる回路などを頂いた。

Ca3a0095

電圧を下げて回転数を落とすとトルクが減って摩擦的抵抗が増えてくる

モーターの軸と 木工ドリル 供給部分の精度がおおきく

影響を与えるため 比較的 直線が出やすいようアングルに

取り付けた。

固定には インシュロックを利用しています。

右上が 電源装置です。

安全な 電圧3Vで 約250gが最小の供給

最大 電圧23Vで 約2000gとなり

その間なら 自由に 供給量を調整可能となった。

Ca3a0093

前回の 半分 時間1000gに調制(12Vぐらい)

石臼の回転は 10回転 毎分と同じ

20メッシュうえ ほぼ0%

20-30         6%

30-50         24%

50した         70%

可也 微粉に振れた。

出来た蕎麦は

Ca3a0101

« 6号の再々生 | トップページ | 蕎麦の実自動供給装置 »

石臼6号」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/29706133

この記事へのトラックバック一覧です: 6号再生臼に蕎麦の供給装置:

« 6号の再々生 | トップページ | 蕎麦の実自動供給装置 »