2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 蕎麦の実自動供給装置 | トップページ | 石臼4号 時間1500gにて »

2009-06-19

4号石臼 粉の出来具合

4号石臼で 供給装置を使わず(漏斗で自然供給)

1時間当たり 約2000gが挽ける

今回 供給装置を使い半分の 時間1000gで 粉を作成

2000gのときは 20メッシュ上が25%ほどできた

今回の 1000gでは 2%とほぼ出なくなった

0619_002

ヌキミの供給は ペットボトルを利用 300-350g入る。

装置を 金属のアングルに変更して強度を高め

最終出口を少し下げて 漏斗に全て入るような仕組みとした。

今回の蕎麦は

0619_004

0619_006

微粉なので 1.5mmのガイド板で

1.5mmの切り幅を目指した。

水の切れるのが遅い蕎麦となり

粗挽きのときの もっちり感が乏しい

4号石臼では 時間1000g以上供給する時に

私の目指す そば粉があるようだ?

« 蕎麦の実自動供給装置 | トップページ | 石臼4号 時間1500gにて »

石臼4号」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/30178564

この記事へのトラックバック一覧です: 4号石臼 粉の出来具合:

« 蕎麦の実自動供給装置 | トップページ | 石臼4号 時間1500gにて »