2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 石臼 作り方 ② | トップページ | 石臼 作り方 ④(完)→ ポーラス臼 »

2009-09-30

石臼 作り方 ③

更に 摺りあわせを調整して

やっと 目を入れるところまで来ました。

分割には 山ほどかたちがあるが 今回は 8分割

トコロテン理論によれば

目が長いほど 深いほど 細かい粉が出来ると考えます。

台地に スジを追加するのも 目が長くなります。

当然 分割数が多いほど 刻まれた目の長さが長いはず。

0927_023

スジも入れやすい=2分の1づつ繰り返せばよい。

ベビーサンダーで溝を掘るが 線を引いただけでは

多少の歪みが出る。

サンダーを直進させる方法や 機械を作るまでに至らないので

定規代わりに 材木を接着させるときの固定具を 利用してみた

少しだけでも スジを入れれば 次回からは 溝が

定規の役割をして 真直ぐなスジが入るはず?

0927_024

0927_025

主溝だけで 試運転 余り周辺に粉が行かない

もう少し 含みを増やして

含みが増えたのと同じ効果の 溝の深さと

幅を拡大して 更に副溝を掘って 試運転

0927_028

今回 購入の V字型に 削れる砥石

そう 何度も使わないのに 道具の購入などが

お小遣いを圧迫する。(笑い)

下臼の中央の穴の整形に ルターを使っていたら

火を吹いて 焼きついた。連続使用のできる

信頼できるメーカーだったので 無理をしすぎた様だ

0929_002

微細な 溝の調整に ホビールーターを 今回も使用

またまた 試運転

0929_018

0929_021

どうにか 自然投入で 粉が挽けている様子

半分 ぐらいまでしか 粉が乗っていない

上臼の 周辺部の 含みが少ない目かな

実際に 粉を挽いてみて 判断とすることとした。

0929_020

周辺 4cmぐらいが 強く接している部分だが

更に 中心まで粉が残っているのは 最後に

隙間の無い部分を通るために 粉が渋滞している為?と思われる。

« 石臼 作り方 ② | トップページ | 石臼 作り方 ④(完)→ ポーラス臼 »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/31572363

この記事へのトラックバック一覧です: 石臼 作り方 ③:

« 石臼 作り方 ② | トップページ | 石臼 作り方 ④(完)→ ポーラス臼 »