2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 石臼 作り方 ③ | トップページ | 8号 (ポーラス臼) 投入量の調節 »

2009-09-30

石臼 作り方 ④(完)→ ポーラス臼

実質的な粉挽きと蕎麦打ちを行う

ゴシゴシと石臼を洗って 一夜乾燥

0930_001

0930_002

手元が狂って 溝が複数引けているところもあります(汗)

電動の台は出来ていないので 5号用の装置を拝借

実の供給は自然で

0930_003

物入れに 入るだけ入れて 回転で自動的に 実が

臼に入り込むのを待つ方法

計算上は 時間 1200gの結果 臼の回転は13回転毎分

約1分ぐらいで 粉がでてきた

↓は 可也粉が挽けた時の 写真です。

0930_004

0930_005

0930_007

何時もの 篩い分けでは  

20メッシュ上    0%

20-30メッシュ   6%

30-50メッシュ  23%

50メッシュ下   71%

自然供給量が 2000g程度の臼を今まで作ってきたが

今回は 1200gと少ない供給のため 粉の自然と

細かい目に振れた。

粉を 刷毛で払ったあとの臼には 細かい穴の中に

粉が 残ったままである=臼の石の特徴と言えよう

0930_009

蕎麦は

0930_027

0930_028

それなりの 結果がでたので

石臼 作り方は一先ず終了して

次回からは 電動装置の作成に移る予定。

供給量を 減らしたら→ トコロテンを遅くしてやれば

(時間500gとか)50メッシュ以下の粉ばかりに出来るかも

試してみて 今後の 目立ての調整を考えてみたい。

多孔質な石なので 8号石臼は ポーラス臼と 名付けよう

« 石臼 作り方 ③ | トップページ | 8号 (ポーラス臼) 投入量の調節 »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/31580899

この記事へのトラックバック一覧です: 石臼 作り方 ④(完)→ ポーラス臼:

« 石臼 作り方 ③ | トップページ | 8号 (ポーラス臼) 投入量の調節 »