2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 電動台作成 ② | トップページ | 8号 ポーラス臼を手挽き臼として »

2009-10-10

電動台作成 ③ 完了

1010_004

組み立てできたので 試運転

1.5vx2で3V 以前の供給量では 時間500gの計算でしたが

正確ではないが 時間1000gぐらい供給できてしまいました。

回転の遠心力で取れてしまわないか 心配だったが

何とか維持できた。

1010_006

工作の精度が悪いので シャフトから ヌキがこぼれる

1010_009

1000gぐらいの供給なので

自然供給のときの(1200g) 粒度と大きく変わらない

20-30メッシュ   9%

30-50       20%

50以下       71%

1010_012

出来た蕎麦は 少し太い目

1010_015

またまた テスト的に変更を行うとして

8号 ポーラス臼完成です。

« 電動台作成 ② | トップページ | 8号 ポーラス臼を手挽き臼として »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

中々素晴らしい出来栄えですね。感心しきりです。供給機の乾電池での動きは素晴らしい。
実は今日、関西そば塾のTさんが見えられ石臼を作りたいという。そばんちの石臼を子細に見ていきました。自作したいというので辛汁さんのこのブログを紹介しました。
そば屋開店を目指しているとか?

物好きな方が増えるのは大歓迎です(笑)

作成の材料代は安く出来る可能性がありますが

作成用の道具代金
自分の 時給から換算した 総費用は
とんでもない額になります
覚悟を決めてやらないと プロに
任せたほうが 良い場合もありますね。

削る時の騒音や 石の粉など 場所も選びます。

そばんちさんの納屋か 駐車場なら・・・・

かえって高くつくこともありますね。
福知山市の河波石材さんも紹介しておきました。

蕎麦塾の方なら 二八だと思うので
既成のメーカー品でよいと思います。

河波さんなら 希望を聞いて 適度の
目立てや 仕上げをしてくれそうですね。
そして 半値ぐらいの安さです。

河波さんの友達になりたい・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/31727798

この記事へのトラックバック一覧です: 電動台作成 ③ 完了:

« 電動台作成 ② | トップページ | 8号 ポーラス臼を手挽き臼として »