2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 二度挽きの実験  | トップページ | 新型 蕎麦の実供給装置 ② »

2009-11-28

すり鉢から蕎麦粉

江戸時代 石臼で鬼皮を剥いて その後 大割れにして

粉を挽いたとか?

同じことを やってみよう・・

1128_001_r

9メッシュ(2000μ=2mm)の篩いを通る大割れを作ろう

1128_002_r

叩いたり 麺棒で押さえても 大して細かくなりません

そこで すり鉢

1128_003_r

1128_005_r

何度も すって 何とか 9メッシュ を通った

1128_006_r

1128_007_r

何時ものように 篩い分けると

20メッシュ上  70%

20-30      11%

30-50      7%

50下       12%

恐ろしく大きな粒

これでは そばにならないし 再度すり鉢でするのは大変そう

石臼で 粉に

8号で

1128_011_r

30分で 約10g程度の粉が出来た この計算だと

時間20gと恐ろしく遅い

何時まで経っても そば粉に出来ないので

スピードコントロールモーターに 石臼を乗せ変えて

最大スピード 30回転で・・

1128_012_r

流石に早い 時間2000g程度の速さで挽けた

結果

20-30  4%

30-50  24%

50下   72%

1128_015_r

通常の粉によく似ているので

1128_019_r_2

方向性が 大きく変わりましたが・・

面白い(笑)

« 二度挽きの実験  | トップページ | 新型 蕎麦の実供給装置 ② »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すり鉢から蕎麦粉:

« 二度挽きの実験  | トップページ | 新型 蕎麦の実供給装置 ② »