2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 石臼で挽く訳は自己満足です。 | トップページ | 石臼製作用道具 »

2010-02-21

新石臼メカの製作 木工からアルミへ

技術的な問題もあって 電動台は 材木と塩ビで作成

これで特に問題が無いが・・

アイデアが浮かんだので アルミ加工を試みる

金属用のホールソーの購入や アルミ材の購入にて 何時ものことながら

周辺費用が嵩んだ。(汗)

アルミ角材でフレームを

1.5mmのアルミ板をリベット止め

Pカッターで筋を入れて 何度か10-15度折り曲げると

綺麗に直線に切れた。・・・つもり

0220_002

モーター は スピードコントロールの90Wです。

0220_003

臼の回りとめなども リベット止め

0220_005

内径39cmのアルミ製の洗い桶¥3000ぐらいを約7cmにカット

下の内径が35cmなのでなんとか 臼を置ける

0220_006

その他は 同じラチェットレンチの延長ソケット

0220_007

粉を集める穴を開けて

0220_009

0220_010

完成

粉を排出する穴が小さくて スムーズさにかけるので

大きくしなければなりません。

« 石臼で挽く訳は自己満足です。 | トップページ | 石臼製作用道具 »

電動装置」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近「そば病」に感染してしまった、新潟県糸魚川市に住む山アスパラ活二と申します。
まだ蕎麦打ちを始めて3ヶ月の初心者です。

辛汁さんのこのブログ、以前からこっそり拝見しては「世の中にはこんなマニアックな人がいるんだなあ・・凄い!」と感心しておりました。

そして自分でも石臼を作る夢を育んでおりましたが、この程ついに、私も製作に取り掛かりました。
家には昔使っていた石臼があるのですが、漬物石と植木台に成り下がっていますので、ここはひとつ自分で作っちゃえ・・てな感じの無謀なチャレンジであります。

今大雑把な形に削っている段階です。
40cm径の踏み石ですが、サイドを削ったら34cm径になりました。(笑)http://inakanoaji.fc2web.com/2010inaka/sitauruKata2010-02-21.jpg
まあこれ位の大きさが丁度よいかな?なんせ全く初めてですから・・。次回は中心に穴あけです。

これからもちょくちょく拝見(勉強)させていただきますので、よろしくお願いいたします。

山アスパラ活二様

インフルエンザのような ワクチンがないので
誰かに うつすと直ります。ι(´Д`υ)アセアセ

HPも少し拝読いたしました
短い間に 深みにはまって行かれる様子が良く
判りました。

http://www5.plala.or.jp/sobadukuri/
「趣味の蕎麦つくり」さんと
お近くで 蕎麦の栽培や 石臼作りなどの
先輩だと思われます。
私の色々教えてもらいました。

厚みがどれぐらい残せるか判りませんが(8cmとして)
石の比重 2・5から2.7をかけて計算すると
一枚18ー20kgとなり 上2枚で35-40kgと
回転させるのが大変かも

穴を空けるときに割れてしまう可能性が高いので
整形する前に 穴はあけておくほうがベターでした

石は安いので また買えば良いのですが
落ち込みますので くれぐれも 慎重に・・・

では

裏?サイトでも お友達にしてください。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/33472303

この記事へのトラックバック一覧です: 新石臼メカの製作 木工からアルミへ:

« 石臼で挽く訳は自己満足です。 | トップページ | 石臼製作用道具 »