2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 石臼の目立ての仕方 | トップページ | 6号石臼 ビフォーアフター 2 »

2010-04-12

6号石臼 ビフォーアフター 1

元々 頂いた石臼6号は 再生に次ぐ再生中

山型で巧く面あわせが出来ず 平面型に修正

平面にはしてみたが 片べりなどは まだまだ修正が必要

雨の振る日には こんな面だしも出来るんです。

0410_035

まず、踏み石の上でから回し上と下の部分のみ削れている。

0410_036

ドライカップにて大まかに削る(削れている部分中心)

0410_043

花崗岩の踏み石は雨でぬれている

この部分に 石臼の面を乗せてぐりぐり回す

0410_037

ぬれた部分が高い=削る

0410_040

ぬれた部分を削る

0410_041

ぬれた 石の上で ぐりぐり・・

0410_040_2

0410_042

0410_045

同じことを何度も繰り返して ある程度の面がでた。

中央に 水が付かないのは 含みです。

下臼は 平面なので 全面に水が付いて

石が見えない状態まで削ることになります

あ~~~疲れる

マスク、めがね、帽子などをしていても 石の粉まみれです。

これだけ削ると 主溝、含みなどは 再度削る事になりますね。。。

« 石臼の目立ての仕方 | トップページ | 6号石臼 ビフォーアフター 2 »

石臼6号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/34192312

この記事へのトラックバック一覧です: 6号石臼 ビフォーアフター 1:

« 石臼の目立ての仕方 | トップページ | 6号石臼 ビフォーアフター 2 »