2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 6号石臼 ビフォーアフター 1 | トップページ | カーボランダムすりあわせ後の粉 »

2010-04-13

6号石臼 ビフォーアフター 2

空挽きによる面の調整です。

三相200V 0.2KW 1./60で インバーター使用

関西なので 60Hzでは 1800回転÷60=30回転

0413_014

つまみで 60Hzを 引き下げてやると 例えば30Hzだと

30x30/60=15回転と言うように回転数を下げられる

モーターの空冷用のファンの回転数が落ちると

モーターが加熱する可能性があるので 余り下げないほうがよい

又、逆にHzを上げる事も可能だから 定格1800回転のモーターを

早く回転させる事も出来るが よくないらしい。

・・・空挽きすると

0413_001

上臼33X14cm 砂岩らしい石です。

(物入れの入口までの高さは10cm)

9500cm2ごらいです。

重さは?測っていません。25±1kgと思われます。

0413_002

こんな キズが出来ます。

少し 高い部分だと思われます

0413_004

電動のサンダーで削ります

0413_005

少しづつ場所や キズの大きさも毎回変わります

これ等を 何回も繰り返して・・

嫌になるほど繰り返すと・・

回転時の音もスムーズになり 変な音もでなくなってくるんです。

0413_009

0413_010

0413_012

0413_013

0413_015

全体に 削れたあとが少なくなるか

摺りあわせ面に 満遍なく細かい擦り傷が出来るまで

更に更に 空挽きを続けます。・・・お疲れモードです。。。

« 6号石臼 ビフォーアフター 1 | トップページ | カーボランダムすりあわせ後の粉 »

石臼6号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/34212904

この記事へのトラックバック一覧です: 6号石臼 ビフォーアフター 2:

« 6号石臼 ビフォーアフター 1 | トップページ | カーボランダムすりあわせ後の粉 »