2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 6号石臼 ビフォーアフター 2 | トップページ | 6号ビフォーアフター 3 製粉 »

2010-04-18

カーボランダムすりあわせ後の粉

細かい粉の カーボランダムですり合わせ後の 製粉です。

かなり削れて 溝や含みが小さくなり

30分で約70gの粉が挽けましたが・・(自然投入)

200gだと 1時間30分かかる計算

0415_050

30分の時の臼は 完璧に 粉が詰まっています

何度も擦れれるので 熱とかでへばりついた状態

できた粉を篩うと 50メッシュ以下の粉が85%と

投入できる実が少ないから 細かくなったが

これでは 使えない。

溝を少し刻もう

0417_001

ホビールターで溝をなぞる

0417_002

0417_004

特に偏った状態ではない

刷毛で軽く払うと 全部取れるようなので へばりも無い。

時間1200-1300gぐらいの自然投入量となった。。

次回は 洗って 実際の粉で試食の予定。 

« 6号石臼 ビフォーアフター 2 | トップページ | 6号ビフォーアフター 3 製粉 »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーボランダムすりあわせ後の粉:

« 6号石臼 ビフォーアフター 2 | トップページ | 6号ビフォーアフター 3 製粉 »