2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010-05-26

石臼9号 ありあわせの材料で

1号の上臼と 別の下臼で 電動化して 4号石臼(電動)になり

1号石臼の下臼だけが残っていた

上臼約30cm高さ9.5cm

0509_008

下臼を 庭石から作成して

下臼約28cm高さ5cm

失敗しても良いヤ!の心算で 物入れを

約20mmの穴を開けたが・・

こういうときは 問題なく開けられました(笑)

上下から貫通させ様と試みるが 矢張り途中で 曲がっています。

0526_002

摺り合せ

試運転

0526_008

もう少し 摺り合せ部分は少ない目に削った心算

もう少し 削りなおしが必要か

時間800g程度の入り込みなので 粉は細かいようだ

更に 実験は続く・・・

2010-05-13

コヤスケ 

コヤスケ』という 石を叩き割るような ハンーのような道具があります。

まず ホームセンターなどには 無いので

ネットで 検索してみると 去年の今頃、両刃たたきなどを 買った店がヒット

更に 調べると

石と、居る。』という 石屋さんの ブログも発見

その中の セットウ&コヤスケでは 詳しい使い方や写真が・・

他にも 石の加工用の 道具が詳しく紹介されています。

・・・

そもそも どうして そんなコヤスケが 必要なのか?

一番最初に購入した 手挽きの石臼は 下臼を変更して電動化した

その臼の 下臼が 残っています。

今回 下臼を上臼として再利用を考えた。

5cm厚の四角い庭石を利用する予定。。

下は 3cm厚の物です。

これを2枚程度 接着するほうが 元々 5-6cmの板石を

円形にするよりもとても楽だと思われます。

0509_001

0509_004

3cm厚位なら 両面からスジを切り込んでいけば 簡単

しかし、5cm以上だと 切込みは グラインダーで1.5cmぐらいにつき

どうしても 切り込み残した部分が出来て 変にハンマーで叩くと

全体が ボツに成ることもあります

0511_003

後で 穴を開けると 全体が割れて 苦労が 水の泡に

成るので 出来れば 穴は 最初にあけておきましょう

(小さい穴は 下臼の回り止め用です)

0511_004

鏨で 両面から 慎重に叩き割ると 円形に出来ます

この作業のときに 石工さんの コヤスケが役に立つのでは?が

今回の考え

0511_006

0511_011

線に沿って 更に切れ込みを入れて ドライカップで

仕上げていくと 何とか 自立できる面が出来るんです

0511_012

眼鏡 マスク 手袋など 安全には 気をつけてください

2010-05-06

手挽きで蕎麦掻+蕎麦うち

どの電動臼も 手挽き臼として使えますが

一番 粗い粉が作れる 5号石臼にて

蕎麦掻を楽しむ

0505_008

5cm厚の 庭石を2段に積んで 20kgぐらいの上臼です

可能な限り早く回すと

0505_010

20メッシュ上が 15%ほど出来ます

粗い部分だけだと 食感がよくないので

その他の85%部分の粉を 同量加えて

0505_017

約3倍の水を加えて 鍋にかけて練る

残りの 20メッシュ下の85%部分の粉で 蕎麦うち

05051_002

05051_003

お蕎麦の お供は 鴨ロースと 筍(今年はこれで終わり)

0505_015

冷蔵庫に置いていたヌキミということもあり 風味が下がっている

少し早く回しすぎたのか 大きな粒が残りすぎて 口当たりが

よくない蕎麦掻となりました。

蕎麦のほうも 甘皮部分が 蕎麦掻となったのか

サッパリとした ただ粗いだけの蕎麦で モチモチ感がない

写真で判る様に 含みを余り作って居ないので

時間 2000gの越える投入と挽きこみでも

比較的細かい粉が出来ている。

摺り合せは 臼の命ですが ふくみは 粉の母と言えるかも

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »