2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 9号石臼の能力の確認 | トップページ | 石臼9号 調整後の粉 »

2010-08-23

9号用電動台 100V 1:100

9号専用の電動台の一部が出来たので 試運転です。

0824_006

2mmのアルミ板で土台としたら 案外たわむ

仕方なく 裏うちしたので リベットの山と成った 2mmx2=4mm

流石に 100人乗っても大丈夫とまでは?不明も 頑丈な台と成った

モーターは 100V 60W ギヤは1:100で 計算上は 15回転毎分です

0824_004

足も金属製のラック用のものを リベット止めしています

0824_005

端子BOXのついたモデルで ギヤヘッド用の ボルトで 台に固定

ジョイントなどは 今までとおりのやり方

0824_007

ステンレス製の 篩いの枠の中に 木材をはめ込み 隙間はシール材で

下臼の回転止め用の ボルトで 台に固定

0824_010

0824_011

上臼と漏斗をセットして 自然供給にて運転

0824_014

0824_016

前回の9号でも 非常に入り込みが遅かったが

結果 200g/時間と 過去に経験していない遅さ

どうにか 時間掛かったが挽ききれて

0824_017

篩ってみると 96%が50メッシュ下(篩うのが大変)

これでも悪くは無いが 機械式のそばの実供給装置を取り付ける予定なので

自然供給なら 1000g程度は 入り込めるようにと考えている

28cmぐらいと小さい臼だが もう少し スムーズに 実が小さくなる段階が

見えて欲しいところ 中間部で 既に細かくなりすぎているように見える。

前回にも書いたが 蕎麦の実の種類が変わったゆえに ひけ方が変わった?と

考えて もう一度 前の 福井大野に変更して挽いてみよう。。

それから 臼の調整と成る。

試作の道は長い・・・・・・・・

« 9号石臼の能力の確認 | トップページ | 石臼9号 調整後の粉 »

石臼9号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9号用電動台 100V 1:100:

« 9号石臼の能力の確認 | トップページ | 石臼9号 調整後の粉 »