2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011-01-10

10号 稲田石 テスト

前回は 蕎麦の実供給装置を取り付けてテストしました。

今回は 自然供給で どれぐらいの粉が挽けるかのテストです。

石臼の回転数が同じなら 蕎麦の実の供給を減らしてやると

より細かい粉が出来ます。

私のように 粗い粉が欲しくても 自然供給の限界最大量を超えて

過剰な供給は出来ないので 更に粗い粉が欲しければ

上臼を軽くする 回転数を上げるなど 目立てを変えるなどの方法を取らねば成りません。

10号用の電動台は

100Vの家庭用電源を インバーターを使って 三相200Vを取り出します。

関西では 60Hzなので インバーターを 60Hzに設定

関東では 最初の設定を 50Hzに設定しておく必要があります。

三相モーターの仕様書に寄れば・・

関西で 30rpm 関東25rpmと言う事です。

関西で 30Hzに設定してやると 30÷60=0.5となり

30rpmX0.5=15rpmと 回転数を低くしてやれます。

0110_007

逆に 60Hzを100Hzとかに変更すれば 回転を上げられますが

モーターに負荷がかかり 安全な使い方とは言えなくなります

回転数を 下げすぎると モーター冷却用のファンの回転数が下がりすぎて

モーターが加熱する可能性があります モーターの回転は

300-400rpmぐらいなら安全にモーターを冷却可能だそうです。

15Hz-20Hzぐらいの設定なら大丈夫です。

本来、工場の電動機として 1年中回し続ける事を想定したもので

電気ドリルの様な ブラシなどもありませんので 軸を取り付けている

ベアリングなどが 消耗するまで 何万時間もの耐久性があるとの事です。

その前に 臼の目が 無くなって居るかも知れません。

0110_015

0110_014

モーターが6kg程度あるので

ホームセンターなどで工作用の

『アルフレーム』の25mmタイプをつかって固定しています。

その上に

0110_017

0110_018

フレームの上に載せる方式で アルミ板は2mm

粉を受けるところの枠は 1mmのアルミ洗い桶を7cmぐらいに

カットして使っています。

0110_019

石臼を載せて 軸に ジョイントを取り付ければ

上臼を回転させることが出来ます

0110_021

下臼が 供回りしないための穴

軸の穴から モーター部分へ粉が侵入しにくい様に

モーターの軸と同じ大きさのパイプを挿入しています

取り付ける時 窮屈ですが 粉の飛散防止になります。

0110_026

0110_028

上臼にも 軸を受ける角パイプを切断した 受けを挿入して

強度と 軸の中心を多少調整できるようにしています

中々 中央にピッタリ来ないのが 苦労するところです。

0110_035

0110_037

ヌキミ 自然投入で 時間 2000g強の粉が挽けました

(臼回転数15rpm)

30メッシュ上 25%

30-50メッシュ 25%

50メッシュ以下 50%

最終、欲しい粉は 目立ての変更で 対応することになります。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »