2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 石臼挽きコーヒー | トップページ | V-ベルト駆動 »

2011-03-09

新方式電動台の構想

以前 お蕎麦屋さんで 聞いた事のある方式

Ca3f0277

手挽き臼の上臼部分を 大きなプーリーに見立てて

Vベルトで 回転させられないか?

☆手挽きで 上臼を回す場合

手の動きを考えて頂けるとわかりますが・・

取っ手を押し出す時 横に動かす時 引きつけるとき

自分の肩が基点にはなるが 360度同じスピードで

上臼を回転させられていることはありえません。

物入れに 蕎麦の実を入れるとき 回転を多少

緩めてしまいます。

疲れてくれば スピードも変わります

手の加速度を計測して モーターのスピード制御を

してやれば 手挽きらしい動きが再現可能です。

・・・・まぁ、そこまでは 私には無理で する気も有りません

★下臼に穴を明けたりの加工が 手挽き臼の

電動化の促進を阻んでいますので

この方式なら 簡単に出来るのではと考えた次第です。

駄目もとで また、また時間をかけて試作してみます

あとが続かない時は 失敗した時です。では、、、

« 石臼挽きコーヒー | トップページ | V-ベルト駆動 »

電動装置」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新方式電動台の構想:

« 石臼挽きコーヒー | トップページ | V-ベルト駆動 »