2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 16号用電動装置 | トップページ | 14号 ダコタマホガニーで 蕎麦打ち »

2011-07-09

16号 供給口の変更

上臼の 物入れと 供給装置の 隙間を調整する方式の場合

毎回 同じ量の 蕎麦の実の供給の設定が難しい

少しのずれで 大きく 時間あたりの供給量が変わる

物入れの大きさを 調整する方が ある程度の

一定量の供給が可能です。

16test_002

テストで 時間750g程度の 供給が可能な板で

16test_001

綺麗に掃除した状態で スタートするときは

空挽きを避けるために 最初は 実をひいて置きます

16test_004

中央に成るよう位置決め 塩ビ板を 摺らない様に

少し 隙間を空けておきます

16test_009

今回の実測では 時間800gぐらい

回転数が 約14回転毎分で 一回転で約1g弱と成る

出来た粉は 30メッシュ上が 4%でした。

16test_010

16test_012

最初の写真のように 穴の大きさを変えれば

供給量の調節が可能です。。

« 16号用電動装置 | トップページ | 14号 ダコタマホガニーで 蕎麦打ち »

16号は7号から作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16号 供給口の変更:

« 16号用電動装置 | トップページ | 14号 ダコタマホガニーで 蕎麦打ち »