2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 16号 供給口の変更 | トップページ | 8号臼を使って 臼の性能を考えると・・ »

2011-09-26

14号 ダコタマホガニーで 蕎麦打ち

二ヶ月ぶりに蕎麦を打つ

諸般の事情から 製粉が出来なかった・・

14号は 自然投入量が少量しか出来ない

今回は 毎分24回転で 福井丸岡緑粒(丸ぬき)

200gを約30分で挽いたら 190gの粉が出来た

すなわち 時間400gの速さで挽けて 10g臼の中に残った

Dsc_0021

含みが非常に少ないので 実が入っていかない

故に 臼の中に残る実(粉)も少量と成る

この臼の特徴は 接する面が 完璧に磨かれていて 平面なので すり合わせの調整を行っていない。

含みと溝のみを削っている

結果

Dsc_0026

30メッシュ以下の粉が100%で

30-50  12%

50下   88%

左の カップは何でしょう??

最近 お近ずきになった 蕎麦打ちがプロ並みの方

『風のブログ』の「風」さんの 打ち方を 真似てみました。

ここからは 見事に 撃沈したところです

 

①100gの実を 100gの水に漬けておく

Dsc_0013

 ② 微粉の粉 50メッシュ以下の粉 150gと混ぜる

Dsc_0029

Dsc_0031

③捏ねる 250gで100gの水なので 加水率40%

 兎も角 初めてなので よく判りません??

Dsc_0033

出来るだけ大きく しかし30cmぐらいで最大

厚みも3mmはある様子

Dsc_0034

Dsc_0036

Dsc_0038

④ 触ると ボロボロとなるので

  切り板の上に保存 4mmx3mmぐらいの太さ

注 私の切り板は カット用のマット

   同じく こま板は アクリル板にアルミの枕を接着

Dsc_0041

⑤20cmの長さがあるが・・ゆでると5cm以下に

Dsc_0052

蕎麦?のように そば汁に蕎麦を運べないので

蕎麦汁をかける

最初 3mmx3mmぐらいの分は 最初から切れていたので

Dsc_0063

フォークで食べる蕎麦となった。

反省・・

蕎麦打ちの能力に合うように 水に漬けた実は

少し 最初に 細かく潰して置いた方が良いようです。

・・・・

実験とはいえ 粗い部分が多すぎると

蕎麦の味も 違うものに・・

過ぎたるは及ばざるが如し。。。

組み合わせを もう少し考えよう(汗)

 

« 16号 供給口の変更 | トップページ | 8号臼を使って 臼の性能を考えると・・ »

14号 ダコタマホガニー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。自分の名前が出ていて、ビックリしました(笑)。さっそくお試しになられたのですね。
僕が前回打った時は丸抜きの保水率がかなり低く、甘皮も辛汁さんの今回の臼のように細かく挽けていなかったので、加水率がかなり高くなっていたのだと思います。
丸抜きを漬ける水の分量を半分程度に減らし、不足分を水廻しで補うほうが調整しやすいかもしれません。
麺帯の厚みは、蕎麦つぶの直径、そのままになります(!)。
丸抜きを水に漬ける前に砕いておくか、漬けたあとに潰すかでも、延しやすさは変ってくると思います。漬けたあとだと、甘皮がすでに膨れ上がっているので、より切れやすくなるかも知れません。
丸抜きを石臼で挽くことで発生する「熱のデメリット」と、丸抜きを長時間水に漬けることの「水のデメリット」の中間に、最高のバランスがあるのか、それともないのかわかりませんが、僕もいろいろ試してみます。
ちなみに、この蕎麦は「揚げ蕎麦」にしたら、ビールのおつまみには良かったです!

勝手に引用いたしまして申し訳ありません。 
ほぼ 半量になるようにと計算したんですが・・矢張り初めてのことで 風さんの様には行きませんでした。
全体のバランスを上手く構築するところに かすかに ゴールがあるように思います。
兎も角、私の蕎麦打ち能力の限界を超えたところなので もう少し ヌキミを潰すところから始めないといけないと反省です。
少なくとも 蕎麦を麺と考えるなら? そばつゆに漬けられるレベルにもって行きたいかな
また、面白い実験お待ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14号 ダコタマホガニーで 蕎麦打ち:

« 16号 供給口の変更 | トップページ | 8号臼を使って 臼の性能を考えると・・ »