2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012-01-22

石の補修

中古の石臼を使うと・・

色々 改造したい時があります。

削れる場合は良いのですが・・

セメントやシール材などを使っていましたが、矢張り弱い

20120113_083442

昔の石臼は 殆ど 色んな用途とを兼用している

穀物、米、麦、大豆・・などなど

臼を挽かれた方には判ると思いますが

物入れと含みが 夫々の穀物用ではありません、

大きさ、硬さにおいて 本来であれば、それ専用で有るべきです

特に 自然投入を制御する為には 

含みを減らすか蕎麦の実用に 薄くするのは 石臼の面を削ればよい

投入口の直径を狭くしたり、物入れを小さくしたりは難しい

20120113_082206

後で ベパーがけや 削りが石と同様に出来ました

20120113_082912

20120113_083409

粉を挽いても 多分 ボロボロと取れる部分が 少ないと思われます

2012-01-07

臼の掃除

100円ショップでブラシ購入

Dsc_0003

下臼を取る

Dsc_0004

粉受け用のアルミ板をはずすと

Dsc_0006

幸い 余り粉が侵入していません

このときの粉は

Dsc_0008

250gで 臼の中も全て集めたら 244g

内 20メッシュ上15g

Dsc_0009

15gに20下の粉15gを加えて 計30gで蕎麦掻

残り210gで 蕎麦

Dsc_0012

加水過多 2mmのガイド板を取った後も

引き続きのして 比較的細い切となりました。

そこそこ太さがある方が シャキッとした蕎麦になるのかな?

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »