2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012-03-17

5号自作臼での蕎麦うち ヌキミの粗挽き以外無い

蕎麦食べ人生で ヌキミの粗挽きが一番美味しいと確信しているので自分では これ一本

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・食べられない鬼皮は挽きこまない=ヌキミを使う

・・・味の濃い粗挽きを味わうために 如何なる理由であれ 添加物は入れない=つなぎの小麦粉は使わない

・・・ある程度の粗挽き粉のほうが 蕎麦自体の味が濃い

∴ ヌキミの粗挽き粉が挽ける石臼を作りたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この5号自作臼では 比較的細かい粉が出来るが

自然投入だと 時間2400gと大量に ヌキミが投入出来るから 短い時間で粗い粉が挽ける

20120317_091211

20メッシュで篩う

20120317_091954

5%程度篩えず 95%部分で蕎麦うち

二人分 200gと少量で やはり切れるのを恐れて

20cm幅で ただ縦に伸ばす

20120317_095246

故に 蕎麦の長さは 最大でも20cm

久しぶりの蕎麦うちで 幅が広くなってしまいました

20120317_111221

20120317_111504

今回 共粉を打ち粉にした関係で 蕎麦湯はさらりとしたものになりました

・・粗い粉だと 長い蕎麦のために 太くまた硬い蕎麦になりやすいのが何時もの課題です

2012-03-14

5号自作臼で実験 ところてん理論の一部

摺り合わせ部分に溝を追加すると 粉が変わるか?

5号自作臼を 自然投入で毎分15回転でヌキミを挽くと

・・・20メッシュ上が 15%以上できる 投入時間2分

  そばがきにするには丁度よいが

20120314_130852

もともとの 状態は

20120314_125053

副溝に更に筋を入れる

20120314_130639

簡単に ダイヤモンドカッターで 筋を切る

20120314_131429

投入時間は 2分30秒と 30秒長くなる

=投入時間が長くなると言うことは 押し出されるまでに

 時間がかかる

時間 3000g挽ける臼が 時間2400gに減る

故に 自然 細かい粉が増える

20メッシュ上は 4%と成った

・・

更に 溝を増やすと

20120314_132950

めちゃ 雑な作業です!(汗)

20120314_133656

結果は 2分35秒と わずかに投入量が増えた

20メッシュ上は 5%とわずかに変化

・・・

投入時間が変わらないので よく似た粉が出来たと言うことでした

・・・

単純に 摺り合わせ部に 溝が増えたら 細かい粉が出来ると言う訳ではないようだ

投入量が 減れば減るほど 押し出す力が減って

粉は ドンドン細かいめに振れていく

投入量と 排出量に比例関連があるとするなら

トコロテン的に 投入される=押される粉の量の関連が 普通の臼にはあるんではと、思われます。。

2012-03-07

回転数を表示 単相200Vスピードコントロールモーター

約2年前 オリエンタルモーターのスピードコントロールタイプで

電動装置を作成していました。

現在は 家庭で使いやすい 100Vタイプのインバーターで

三相200Vのギヤモーターを制御する方式に ほぼ 変更しています

20120307_133436

スピードコントロールはつまみで無段階に変更は可能だが

どれぐらいの スピードかは すぐにわかりません

オプション部品の デジタルスピードメーターが手に入ったので取り付けてみました。

ギヤヘッドの 変速率を 設定してやると 配線だけで表示

単相200Vの90Wのスピードコントロールモーターの性能は

90~1700rpmで 50:1のギヤヘッドを取り付けているので

理論的には 1.8~34回転が得られる

実際に 運転すると

最大(無負荷)

20120307_133511

最低(何とか動いた時) 回転を下げすぎると クーリングファンの回転が下がりすぎて モーターが過熱しやすいので 注意が必要です。

20120307_133640

ある程度の起動トルクが必要なので 石臼がのって動かした時とは

少し違うとは 思われます。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »