2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 5号自作臼での蕎麦うち ヌキミの粗挽き以外無い | トップページ | 8号調整後 »

2012-04-28

8号ポーラス臼は そろそろ調整要す

20120428_092735

挽いた後で 刷毛で目をはらうと どうしても取れ難いところが出てくる

その多くは 溝が狭くなったり 高くなったりしている

中央から外側に向かって だんだん細く溝を切った心算も・・・

調整の場所がわかるよう 印をつけました。

20120428_093407

上臼の場合 花崗岩ではわかりませんが 安山岩では

このように 色の濃いところ薄いところが出来る

実の水分が移った場合と 擦れてテカッテ要る場合

=実の(粉)の流れがスムーズでなくなっている

手で削っているので 深い浅いがある程度できているためと思われます

・・

20120428_093046

20メッシュ下↑

20120428_093056

20メッシュ上 全体の3%を使わず

20120428_111211

一見 綺麗に見える(笑)

2mmより薄くのせたので 幅広な蕎麦となった

2mmの正角にと思っていたんですが 2x3mmぐらいの(のしべら)

部分が 贔屓目で70%ぐらいかも、、

20120428_111438

切り揃えの悪いところも 出血大サービスです(汗)

« 5号自作臼での蕎麦うち ヌキミの粗挽き以外無い | トップページ | 8号調整後 »

石臼8号 ポーラス臼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/45055403

この記事へのトラックバック一覧です: 8号ポーラス臼は そろそろ調整要す:

« 5号自作臼での蕎麦うち ヌキミの粗挽き以外無い | トップページ | 8号調整後 »