2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フードプロセッサーで蕎麦打ち | トップページ | フードプロセッサーで蕎麦Ⅲ »

2013-03-16

フードプロセッサーで蕎麦 Ⅱ

前回の失敗を基礎として

粉つくりは 通常通り石臼で 回転数を上げて 細かい粉が多くなる様に設定

一回挽きで5%ぐらい 20メッシュ上が出来る程度の粉が出来た

200gに40%の水80gを加えて

Fdd_002

追加の加水

Fdd_004

Fdd_005

更に 追加の加水

Fdd_006

だんだん 粒が大きくなり

Fdd_007

これ以上 かき混ぜられない

もう少し 加水してもよかったかも

Fdd_012

多少 こねたら 一応・・・

Fdd_015

残念ながら 周辺は割れた・・前回とおなじ?

Fdd_018

大丈夫そうなので 少し乱暴にしすぎた(汗)

Fdd_019

2-3mm程度に

幸い 粉を払っても切れない

短い端の部分だけゆでるが ほぼ切れない

のしを もう少し丁寧にしておけばと、、、、よかった。

Fdd_021

長い 15cmぐらいのものを食べる。

Fdd_026

ほぼ 水回しが フードプロセッサーで 出来そうで

失敗しないような 可能性が出て来た

再度 要検証です。

« フードプロセッサーで蕎麦打ち | トップページ | フードプロセッサーで蕎麦Ⅲ »

フードプロセッサー蕎麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474787/50794210

この記事へのトラックバック一覧です: フードプロセッサーで蕎麦 Ⅱ:

« フードプロセッサーで蕎麦打ち | トップページ | フードプロセッサーで蕎麦Ⅲ »