2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

2013-08-29

蕎麦栽培体験

8月下旬 某所 蕎麦栽培体験に参加

出来たら 500gの蕎麦粉がもらえて 蕎麦を一鉢打てるのが売り

Sobataiken_022

1000平米あって すでに耕されている

Sobataiken_025

種まきごんべいという機械

Sobataiken_032

押していくと 溝が出来て蕎麦の実がまかれる

Sobataiken_034

雨後で 土が固いので 少し土をかぶせる

2週間後 台風に備えて 畝たての予定とか(自由参加)

Sobataiken_031

信濃1号の種が使われていた

3ヶ月ぐらいで 刈り取り 脱穀など

10月には 蕎麦の花が咲くそうです。

2013-08-07

20号茶臼 改造

含みがないので お茶っぱより 体積が大きい蕎麦の実は入らない

含みを 蕎麦の実の大きさ 4-5mm以上にすれば 臼に入っていく

① 少しだけ広げる

20g_022
② 倍に

20g_024
③ 更に倍

20g_028
大きく 実の入り込みは増えていかない

④ 通常の 臼のような含みと溝

20g_034

ある程度入るのでテスト

20g_033

20g_036

20g_037

20g_040

1分間に30回転ぐらいで250g

10分で50gぐらい これだと 1時間ぐらいかかる

余り疲れるので 1分間に50-60回転とすると

大き目のそば粉がでてきて 回転も軽くなりました

明らかに 臼が浮き気味(汗)

合計20分 時間 750gぐらいのスピード

20g_042_2

20g_047

20メッシュ上 13%

20-30    13%

30-50    17%

50下      57%

20メッシュ上を使わず

20-30 15%

30-50 19%

50した  66%

以上の粉で蕎麦打ち

何時もの フードプロセッサー

20g_049

少し水が多かったような?

20g_051

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »